Cibo Matto – Spoon [Warner:1999]

ホーム / 90s / Cibo Matto – Spoon [Warner:1999]

20170627.jpg
80年代末期より N.Y.で音楽活動を続けていた
本田ゆかと、当時留学生でほとんど音楽活動の経験
が無かった羽鳥美保が、共通の知人の紹介で出会い
、1994年に結成されたのが「Cibo Matto」。
バンド名の意味は、イタリア語で「食べ物狂い」
だそうです。
2017062702.jpg
結構地道に活動を展開していて、カレッジ・ラジオ
層を中心にファンが多い様で、そうなると色んな
交流や絡みで仕事もドンドン増えてく訳です。
そして運命の出会いと言うべきか、Yoko Ono の
曲「Talking To The Universe」をリミックスする
仕事を通じて 本田ゆか と交際を始めた
Sean Lennon がバンドに加わり Cibo Matto は
大きく進化しました。
本曲は2枚目のアルバム「A – Stereo ★ Type A」
に収録されています。自分は結構こんなフリー・
スタイルでトリップ・ホップな曲が好きで、偶然
ラジオで聴いていいなと思いアルバムを買った
記憶があります。
当時自分のアパートに半年程居候していたイギリス
人に「これ、いいだろ?」とか言って聴かせたのが
何だか懐かしい。アイツ元気かな?タイで逢った
っきりだな~。
We Are Brothers Wherever You Are ♪
Cibo Matto は2001年に活動を停止しますが、
2014年に Sean Lennon が主宰するレーベル、
「Chimera Music」から15年ぶりのアルバム
「Hotel Valentine」をリリースしてるので、興味
ある方は是非聴いて下さい♪
Cibo Matto – Spoon [Warner:1999]

にほんブログ村 音楽ブログへ