Manuel Göttsching – E2-E4 [Inteam GmbH:1984]

ホーム / 80s / Manuel Göttsching – E2-E4 [Inteam GmbH:1984]

20170603.jpg
 
Manuel Göttsching(マニュエル・ゲッチング)
は10代後半から活動を始め、「Ash Ra Tempel」の
リーダー及びソロ・アーティストとして数々の
リリースや演奏を発表してきたアーティスト。
 
Göttsching は少なくともクラウト・ロックの歩み
において、また広義のイージーリスニングや
アンビエント、ニューエイジにおいて非常に重要な
ギタリストとしてリスペクトされています。
2017060302.jpg
 
1981年、Göttsching が自宅スタジオの機材を使い
一人だけのセッションを試みた際録音されていた
「E2-E4」は、約60分という尺にも関わらず、
あまりの完璧さに当の Göttsching 自信が当惑し
リリースをためらったらしく、色んな経緯を経て
1984年に発表されました。
 
「E2-E4」はアルバムのタイトルになっていて、
それが9つのトラックに分かれています。
しかしながら次のトラックに移ってもいつ変わった
かはわかんないんですよね(笑)。特に初めて
聴く人にとっては。
 
まあ言うなれば「組曲」ですよね。これはね。
自分としては「超大作」だと思っています。
 
しかしながら「E2-E4」は称賛を受けた半面、酷評
も多かったのは事実。常に世間の一歩先を行く
サウンドを提示してきた Göttsching にとっては
いつもの事だったのかもしれませんが…
 
「E2-E4」はリリース当時よりクラブ・シーンでは
注目されていましたが、1990年初頭よりハウス
・テクノの始祖として再評価を受け、現在でも多
くのアーティストから指示されています。
 
「E2-E4」を当ブログで初めて知り興味を抱き、
聴いてみようかなと思った方にお願いがあります。
かなり長い1曲ですが、是非これは最初から最後
まで聴いて欲しいと思います。
 
「E2-E4」は今で言うダンス・ミュージックでは
ありませんし、これから起承転結を得るのは難しい
かもしれません。でもこのミディアム・テンポから
そよ風の様に気持ちよく繰り広げられる壮大な
世界は、きっともう一度聴きたくなる気持ちに
させてくれますよ♪
 
Manuel Göttsching – E2-E4 [Inteam GmbH:1984]

 
にほんブログ村 音楽ブログへ