Sheryl Crow – Everyday Is A Winding Road [A&M:1996]

ホーム / 90s / Sheryl Crow – Everyday Is A Winding Road [A&M:1996]

20170622.jpg
5歳からピアノやオルガンを習い始め、17歳頃から
本格的に音楽活動を始めた Sheryl Crow は、大学
卒業前から地元小学校の音楽講師を務めた後、音楽
への夢を追うためカリフォルニアに移住。その翌年
(1987年)に Michael Jackson の世界ツアー
「Bad World Tour」でコーラスを努め来日も果たし
ます。
その後 Stevie Wonder、Don Henley等、大物アー
ティストのバッキング・ヴォーカルとしてレコー
ディングに参加し、1993年にリリースしたデビュー
アルバム「Tuesday Night Music Club」が全米
400万枚超のセールスを記録しました。
2017062202.jpg
まあ、一応新人(当時)なんだけど、それまでに
積み重ねた数多くの実績を見れば売れて当然だと
思うし、何かスゴい余裕と(圧倒的な)存在感を
感じさせてくれるアーティストが出てきたなと
この時思いましたね。
しかしながら Crow はやっぱり並みのアーティスト
じゃなかったね。自信の名を冠した2枚目のアルバム
「Sheryl Crow」が色んな意味でもっと凄かった♪
前作では全体的にカントリー・ポップな感じでした
が、ここからロック色や政治的な主張が目立ったり
する内容で、これが彼女がやりたかった事なんだな
~なんてちょっと知ったかぶった恥ずかしい自分を
思い出します(笑)。
ボスニアに行って感じた事を歌った「Redemption
Day」、「ウォルマートで買った銃で殺し合う」と
いう歌詞が登場する「Love Is A Good Thing」に
より(ウォルマートに)販売を拒否られたりと、
確かに話題満載なアルバムです。これはね。
でも話題だけじゃないのは、グラミー賞で最優秀
ロック・アルバム賞、「If It Makes You Happy」
が最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
を受賞したことが証明してくれてますね。
それで今回聴いてもらうのはこの素晴らしきアルバム
の中で自分が一番好きな曲、
「Everyday Is A Winding Road」
この曲が最初に披露されたのは John Travolta 主演
映画「Phenomenon」。しかもサントラには収録され
ませんでした。しかしこの映画を観たプロデューサー
が気に入って2ndアルバムに収録が決まったそうで
す。因みに2000年の映画「Erin Brockovich」でも
使われています。
Everyday Is A Winding Road
毎日曲がった道ばっかり
I Get A Little Bit Closer
(でも)少しずつ近づいてる
兎に角やってみよう。真っすぐに到達できないかも
しれないけど、いつか辿り着ける…
よく歌詞読むと、この人かなり荒んだ生活してん
だなと思いながら、何だか平和で力強い曲調で凄く
前向きにさせてくれる曲ですよね。ライブでも
大概ラスト・ナンバーだそうで、さぞかし皆盛り上
がるんだろうな~。
※余談です…
先日この曲についてあるお方と話をした時、この人
これ聴きながら車運転してて、いつの間にか 150KM
オーバーのスピードが出てたのに気づかず、後ろ
から来たパトカーに検挙されたって言ってました。
氏曰く「車の中で聴かない方がいいよ」
で、運転してたのは「明石海峡大橋」って言ってた
気がします……..メチャ真っすぐじゃん! 
皆さんも気をつけて♪
Sheryl Crow – Everyday Is A Winding Road [A&M:1996]

にほんブログ村 音楽ブログへ