Sting – Englishman In New York [A&M:1987]

ホーム / 80s / Sting – Englishman In New York [A&M:1987]

20170714.jpg
英語を公用語として使用している国は沢山あります
。これって日本人にとっては、ホントに羨ましいな
と思う事の一つ。
しかしながら「郷に入れば郷に従え」って言葉が
あります。これが世界共通なのかは置いといて、
日本人って潜在的にそうしようと思う民族。もしも
日本語が英語並みの共通語であったとしても、どこ
かで日本人って遠慮してんだろな~って思います。
本曲は N.Y.に暮らすイギリス人の心を描いた曲。
かつてはイングランドの一部(とてつもなくデカい
)だった国の中心地で思う様々な違和感を、1人の
異邦人として「Sting」が歌っています。
2017071402.jpg
I don’t drink coffee I take tea my dear
I like my toast done on one side
コーヒーより紅茶だね(自分も)
パンは片側だけ焼くのが好き…
こんな出だしで、一見(英語圏だけど)同じように
見えるけど、何かやっぱ違うな~なんて歌いながら
、(どこにいても)自分自身であるべきと Sting
先生が諭してくれます。
Be yourself no matter what they say
誰が何と言おうと自分らしさを忘れないで…
深い曲です♪
Sting – Englishman In New York [A&M:1987]

にほんブログ村 音楽ブログへ